WEB制作会社で作る場合のメリットデメリット

素人が作るページとは段違いのクオリティ

ホームページ制作をWEB制作会社に依頼するメリットとデメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まずメリットですが、なんといってもクオリティです。個人がホームページを制作する場合、その人にデザイン能力がない場合、タイトルや見出しのフォントや投稿するときにクリックするボタンなどは、デフォルトのものをそのまま用いるか、あるいは無料で配布している素材を使うことになります。そうすると、どうしてもどこかで見たことのあるデザインになってしまい、素人っぽさが漂いがちです。
しかしWEB制作会社では、所属しているデザイナーがゼロから素材を作るので、オリジナリティのある、垢抜けたデザインのホームページができるのです。

費用がとても高額になる

では、デメリットとして挙げられるのはなにかというと、まず、費用の高さです。既存のテンプレートに文章だけ流し込むといった作り方であれば、WEB制作会社に発注してもあまり高額にならずに済みますが、ホームページの基礎部分となるCMSがオリジナルで、タイトルなどのフォントも作ってもらい、文章も書いてもらうという形だと支払うお金は数十万円から数百万円というレベルになります。したがって、制作会社に依頼する場合は、ホームページの運営に払った費用分の価値があるのかという点をよく考えないといけません。 また、ホームページの運営管理もお願いすることになると、制作代金とは別にお金がかかります。ここをけちって、自社の社員が運営管理をするとなった場合、脆弱性への対応ができない、コンテンツを書き換えたいけどどこを操作すればできるのかわからないといったトラブルが起こりえます。

© Copyright Website Creator. All Rights Reserved.